スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
飯塚さんと宮本君
飯塚さんと宮本君1 飯塚さんと宮本君2


いや~、昨夜は格好良かったですね~!


キング・カズ!


年齢に関係なく強い相手に挑み続ける姿は本当に立派ですね!


きっと被災者の方々も勇気を貰えたんじゃないでしょうか?


流石、世界3大キングの中の1人に挙げられるだけの事はありますね。


えっ!?そんなの聞いた事ない!?


勘弁して下さいよ~。


そんな事も知らないで今までよく生きてこられましたね~。


まあ、いいでしょう!今日は特別教えてあげましょう!


ここ次のテストに出しますから、しっかり憶えておくんですよ!


まずはみんなのヒーロー、キング・カズ。


それから、超獣キングコング・ブルーザー・ブロディ。


そして最後に、テリーマンと激戦を繰り広げたキング・ザ・100トン。


えっ!?知らない!?特に最後の人が誰かって!?


そんなアナタは今すぐマンガ喫茶へダッシュ!


こんばんワニ。


プロレスとキン肉マンをこよなく愛す男、世界のサカタツです。


今日は皆さんに嬉しいお知らせと悲しいお知らせが1つずつあります。


まず嬉しいニュースは、


たつ接骨院「チームた」のサブリーダーを務める宮本君が、


見事国家試験に合格して柔道整復師の先生になりました。


イエーイ!!おめでとう!!パチパチパチパチ!!


皆さんも来院した際は、


祝福の気持ちをこめて「宮本先生」と呼んであげて下さい!


そして悲しいニュースは、


たつ接骨院「チームつ」のリーダーを務める飯塚さんが、


今月いっぱいで退職する事になりました。


飯塚さんは3年半もの間、ウチの接骨院で頑張ってくれました。


以前飯塚さんは王子から通っていて、


その頃サカタツ家も王子に住んでいたので、


毎日のようにみんなで一緒に帰っていました。


毎日一緒に仕事をし、一緒にご飯を食べ、一緒に帰っていました。


もう、ほぼ家族でした。


そんなサカタツファミリーの一員である飯塚さんが、


明日でたつ接骨院を去ってしまいます。


正直、めちゃめちゃ寂しいです。


すごく寂しいですが、飯塚さんが悩んで出した答えなので、


みんなで祝福して送り出したいと思います。


飯塚さんがこれからも一生懸命努力して、


今はまだずっと先にボンヤリ見え始めてきた夢を、


いつか叶えるその日まで、ずっと応援し続けていきたいと思います。


是非、皆さんも明日は飯塚さんの見送りにいらして下さい!







と、これで終わる予定でしたが、最後にもう1つだけ書かせて下さい!


嬉しいニュースを1つ追加させて下さい!


先日ここにも書いたボクの甥っ子のよし君が、


本日の大垣日大対東海大相模戦で、


念願の甲子園のマウンドに立つ事が出来ました!


たった1/3イニングの登板でしたが、


よし君は見事に幼い頃からの夢を実現させました!


本当に感動しました!


本当に感動して、仕事中なのに涙が出そうでした。


いや、正直言うとちょっと泣いてました。


残念ながら試合には敗れてしまいましたが、


残念ながらラジオのみでの応援になってしまいましたが、


そんなの関係ないぐらい感動しまくりました。


鳥肌が立ちまくり、感動しまくりの「しまくり千代子」でした。


そう!アナタが考える約8倍感動しまくりました。


よし君、感動をありがとう!


そして皆さん、応援ありがとうございました!
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
201103302305
センバツ
センバツ2 センバツ


「遊ぼう」っていうと

「ウラジミール・ベルコビッチ」っていう。


「馬鹿」っていうと

「神風」っていう。


「もう遊ばない」っていうと

「イーグル沢井」っていう。


そうして、あとで

さみしくなって、


「ごめんね」っていうと

「ネグロ・カサス」っていう。


こだまでしょうか、

いいえ、プロレスラーしりとりです。


こんばんは。プロレス大好き世界のサカタツです。


そんなサカタツは、プロレスと同じぐらい高校野球が大好きです。


どれぐらい大好きかというと、今アナタが考えている約8倍大好きです。


なので当然、先週から始まった第83回選抜高校野球大会も、


チェックしまくってます。


でも今回の大会は普段以上にチェックしまくってます。


普段よりどのぐらいチェックしているかというと、


今アナタが考えている約8倍チェックしまくってます。


えっ?それは何故かって?


実はボクの甥っ子が出場しているんです。


大垣日大高校背番号16、平通義晃(ひらみちよしあき)、
http://www.sponichi.co.jp/baseball/highschool/2011/spring/team/ogakinichidai.html

通称「よし君」です。


よし君は子供の頃から野球が大好きで、


ずーっと野球一筋で頑張ってきました。


どのくらい頑張ってきたかというと、今アナタが考えているぐらいです。


よし君は残念ながらレギュラーではありませんが、


三番手ピッチャー&一塁コーチャーとしてチームを支えています。


開会式の入場行進では、元気に掛け声係の大役を務めていました。
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20110324/CK2011032402000096.html

そんなよし君率いる?大垣日大が明日、


今大会注目度ナンバー1の「東北高校」と戦います。


東北高校の地元である仙台の現在の状況を考えると、とても胸が痛みます。


ですが、勝負の世界に情けは禁物。


同情するなんて相手に対して失礼以外の何物でもありません。


それに同情の余地なんて全くないぐらい、東北高校は強豪校です。


明日は両チームとも全力プレーの素晴らしい試合をしてくれると思います。


皆さんも、東北高校と同じぐらい、いやそれ以上に、


よし君の大垣日大を応援してやって下さい!
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0
201103272357
ダルとハンカチ
ダルとハンカチ1 ダルとハンカチ2 ダルとハンカチ3


2011年3月11日、


東北地方を中心に襲った記録的大地震と、


その直後に起こった悪夢のような大津波が、


信じられないぐらいたくさんの人々の命と幸せを奪っていきました。


何とか避難された男性が「自分だけ生き残っても意味が無い」と、


涙を流しながらお子さんの名前を呼ぶ姿を見て、


自分も子を持つ親として、涙が止まりませんでした。


地震が起きた時、私は妻と共に自宅(マンションの4階)にいたので、


かなり揺れ、妻は恐怖で泣き叫んでいました。


家の中の物がバタバタ倒れ、ガスも水道もエレベーターも止まり、


その晩は不安な夜を過ごしました。


数日後、スーパーやコンビニから商品が無くなり、


ガソリンスタンドに何時間も並ばないと燃料補給できなくなりました。


東北の方々の被害に比べたら、


何千分の一、何万分の一の、被害とも呼べないようなものですが、


それでも今までに経験した事が無い不安感の中、


日々戸惑いながら過ごしています。


朝起きて家族と一緒に朝食を食べ、一日接骨院で仕事をし、


帰宅後子供達と一緒に風呂に入り、子供達を寝かし付け、


夫婦で夕食を食べ、そして寝る。


そんな何でもないような普段の生活が、


本当は何にも代えられない一番の幸せだという事を心底実感しました。


話は変わりますが、我が家には私と妻と娘達以外に、


2匹の小っちゃな家族がいました。


ハムスターの「ダル」と「ハンカチ」です。


昨年の秋、患者さんにいただき、


半年間一つ屋根の下で共に生活してきました。


白いまん丸なのがダルで、茶色でちびっこいのがハンカチです。


子供達は朝起きると「ダル~!ハンカチ~!おはよ~!!」と一番に挨拶し、


出かける時、帰宅した時、寝る時も必ず声をかけていました。


日曜日にお母さんがハムスターのお家をお掃除してる間は、


段ボール箱の中に避難した2匹と遊ぶのを毎週楽しみにしていました。


そんな小っちゃな家族の中でも特別小っちゃかったハンカチが、


一昨日の朝、突然短い生涯を終え、天国へと旅立ってしまいました。


おそらく節電の為ほとんどエアコンをつけなくなったせいだと思います。


もしかしたら地震のストレスかもしれませんが、


ここ最近の生活の変化が関係している事は間違いなさそうです。


長女陽世は初めての家族との別れに絶えられず、


号泣しながらハンカチの名を呼び続けました。


素世はまだ「死」の意味があまりよく解らないようで、


「お父さん、ハンカチ死んじゃったからご飯いっぱい食べさせてあげてね!」


と言っていました。


その日の夕方、家族4人で近所の桜の木の根元にお墓を作り、


ハンカチを埋葬しました。


子供達には「ハンカチはお前達の心の中で生き続けるんだよ。」と話しました。


生きているものは、必ずいつか死にます。


それは絶対に避けられないものです。


今回のハンカチとの別れで、我々家族は死を身近に感じる事が出来ました。


しかし東日本大震災で家族を亡くされた方々の悲しみは、


我が家のものと比べ物にならない程、大きなものだと思います。


被災された方々と、そして日本中が大きな不安と戦っている中、


私達一人一人が今できる事を精一杯考えたいと思います。


希望の春が来る事を祈って。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
201103212008
| 院長ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。