スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
伝説の少女
20091021_01.jpg 20091021_02.jpg 20091021_03.jpg

全国2億4千万の中日ドラゴンズファンの皆さん、


こんにちは。ドラゴンズブルーの血液が流れる男、世界のサカタツです。


いや~、嬉しいですね~。


ドラゴンズのクライマックスシリーズでの大活躍。


この勢いに乗ってドラゴンズが日本一になれるように、


国をあげてみんなで応援しましょうね!


えっ?WBCに選手を出してないからズルイって?


何ですか?WBCって?ボクシングですか?


えっ?何で引退セレモニーを済ませた立浪が試合に出てるのかって?


何ですか?引退セレモニーって?ボクシングですか?


ボクシングの事だったらガッツ似のウチの次女にでも聞いて下さい。


ん?落合監督の正体は河童じゃないかって?


仕方ないですね。最後にその質問にだけはちゃんと答えておきましょう。


そうです。落合監督の正体は河童です。


あと和田も河童です。


「河童のベンとオレ物語」です。


まあ、冗談はさておき、プロ野球も残り僅かになりました。


どのチームが日本一になるかは解りませんが、


ファンが感動するような素晴らしい試合を期待します。


でも、今日ボクが書きたいのはドラゴンズの話ではないんです。


もちろん、落合監督の素敵な髪型の話でもありません。


今日ボクが書きたい事。


それは「うっちー」の事です。


もう5年以上前の話になりますが、


佳代子様がまだボクの奥さんではなく、


ウチの接骨院のスタッフの内の1人だった頃、


一度事情があって接骨院を辞めた事がありました。


その佳代子様が辞めた日、つまり勤務最終日に、


当時通院していた中学生の少女から一通の手紙を受け取りました。


詳しい内容は聞いてませんが、


今までのお礼や別れを悲しんだ手紙だったそうです。


佳代子様がその手紙を読みながら泣いていたのを憶えています。


そしてその後色々あって接骨院に舞い戻った佳代子様は、


しばらくしてその少女に手紙を書きました。「帰って来たよ」と。


しかし残念ながらその手紙は少女には届かずに戻って来てしまいました。


少女は既に引っ越していました。


佳代子様はすぐに手紙を書かなかった事を後悔し、


しばらく立ち直れませんでした。


少女との永遠の別れだと思ったそうです。


そして、そのまま5年の月日が流れました。


佳代子様の中での少女の記憶も、


悲しい過去から懐かしい思い出に変わりつつありました。


そんなある日、1人の若い女性が当院を訪れました。


「昔、この接骨院に通っていた者ですけど~・・・」


中学生の頃とほとんど変わらない「少女」がそこにいました。


「う、うっちー!?」


ボクも佳代子様もビックリして、


思わず彼女のニックネームを叫んでしまいました。


話を聞いてみると、「うっちー」は引っ越してからも、


たまにウチの接骨院の前を通る事はあったらしいのですが、


何となく寄れずにいたみたいです。


そして今回、友達のアドバイスもあり、


勇気を振り絞って顔を出したそうです。


「勇気を振り絞って」というのは、


彼女は現在接骨院の先生になる為の学校に通っていて、


ウチの接骨院での研修を希望していました。


高3の時に進路を決める際、ウチの接骨院の事を思い出したそうです。


そして、この道を選んだそうです。


佳代子様の心の中にずっといた5年前の少女「うっちー」は、


今月から我がたつ接骨院の一員となりました。


明るい性格のうっちーは、


早くもウチの接骨院に欠かせない存在になりつつあります。


佳代子様は人懐っこいうっちーが可愛くて仕方ないようです。


月、水、金の午後5時か5時半ぐらいから診療終了まで頑張ってますので、


「伝説の少女」うっちーに会いに来て下さい。


皆さん、うっちーこと内田智美さんと中日ドラゴンズを宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
200910211437
長州力
20091012_01.jpg 20091012_02.jpg 20091012_03.jpg


突然ですが、皆さんはプロレスはお好きですか?


大好きな人、まあまあな人、嫌いな人、大嫌いな人、


どっちでもない人、ドッジボールが好きな人、


セロリが好きだったり夏がダメだったりする人、


ドキドキさせるドキンちゃん、バタバタ走るバタコさん、


色んな人がいると思います。


でも全ての事に言えると思うんですが、


嫌いな人より好きな人の方が人生得してる気がします。


おはようございます。「永遠のプロレス小僧」世界のサカタツです。


最近プロレスの話ばかり日記に書いてるので、


今回はガラリと内容を変えてプロレスの話を書きますね。(笑)


そんな三度の飯より三度のラーメン、


そして三度のラーメンよりも五度のラーメンが好きなボクが、


プロレスを好きになったのは小学生の頃です。


最初はボク等の世代の他のプロレスファンと同じように、


アントニオ猪木、タイガーマスクが好きになり、


毎週金曜夜8時の新日本プロレスのTV放送を楽しみにしてました。


でもボクを本当のプロレス信者に導いたプロレスラーは、


猪木でもタイガーでも馬場でもハンセンでもホーガンでもありません。


ボクを虜にしたそのレスラーとは、


当時維新軍を立ち上げて猪木や藤波に噛み付いていた「長州力」です。


その後、知らない人はいない程の大レスラーになりましたが、


維新軍を作るまでは新日本プロレスの中堅レスラーでした。


でも維新軍団を結成してからは、


新日本プロレスを飛び出してジャパンプロレスを作り、


全日本プロレスに殴り込んで天龍や鶴田とも名勝負を繰り広げました。


ボクはそんな長州に完全に心を奪われ、


小、中、高の学生時代のボクの一番のアイドルでした。


地元愛知でプロレスの興行がある時は毎回必ず観戦しに行き、


長州コールを大絶叫してました。


将来プロレスラーになって長州選手と対戦するのが、


当時のボクの最大の夢でした。


そんなボクの憧れの人、長州力に先週の土曜日再会してきました。


家族で小路さんの応援をしに両国国技館までハッスルを見に行き、


ついでに、あくまでついでに長州力を見てきました。


もう一度言いますが、小路さんの応援がメインで長州はオマケでした。


でもそのオマケが本当に素晴らしかった・・・。


長州の変わらぬ強さと何とも言えない懐かしさで、


不覚にも感涙してしまいました。


昨日国技館にいたのは完全に中学生の頃のボクでした。


まさに青春真っ只中でした。


他にも高山VS川田、高山VS越中、越中VS坂田などの好カードが目白押しで、


なおかつウルティモ・ドラゴン、TAJIRI、


スペル・クレイジー、レネ・デュプリーなど


アメリカで大活躍したスーパースター達もたくさん出場していて、


プロレス小僧も大満足の内容でした。


もちろん小路さんVS天龍の試合も最高でした。


大会終了後、舞台裏に呼んで下さった小路さんと記念撮影して、


興奮冷めやらぬ中、国技館を後にしました。


そして夢の時間は終了しました。


突然ですが皆さんは長州力はお好きですか?


大好きな人、まあまあな人、嫌いな人、大嫌いな人、


どっちでもない人、ドッジ弾平が好きな人、


流行が好きだったりそのわり古風なとこある人、


やさしい顔のジャムおじさん、目玉がらんらんのバイキンマン、


色んな人がいると思います。


皆さんは長州力がプロレスする姿を見たことがありますか?


ウチの奥さんは今回初めて長州のプロレスを見ましたが、


相当衝撃を受けたようでした。


まだ見たことない人、人生損しちゃってますよ。


今すぐレンタルビデオ店に走って下さい。


あっ、一緒に小路さんのビデオも借りて下さいね。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
200910121012
試練の五番勝負
20091008_01.jpg 20091008_02.jpg 20091008_03.jpg


台風18号が猛威を振るった今日、


皆さんはいかがお過ごしですか?


もう大丈夫だとは思いますが、外出する際はくれぐれも気を付けて下さいね。


ボクは18号と聞いて真っ先にドラゴンボールの人造人間の事を思い出しました。


人造人間18号はけっこう可愛い女の子だったと思います。


たしか17号とは姉弟(双子?)だったんじゃないかと思います。


そんな人造人間18号がクリリンと結婚(同棲?)した時は驚きましたが、


とても温かい気持ちで胸がいっぱいになったのを覚えてます。


こんにちは。ドラゴンボール直撃世代、世界のサカタツです。


そんなドラゴンボールとは全く関係ありませんし、


もうかなり前の話になってしまいましたが、


ウチの接骨院の患者さんでもあるプロレスラーの小路晃選手が、
http://www.hustlehustle.com/free/fighters/?id=1216883440

後楽園ホールで試合をするという事で、


先月の26日(土)に家族で応援に行ってきました。


小路さんとボクはかれこれ18年ぐらいの付き合いで、


ボクは小路さんの事を本当のアニキのように思っています。


きっと小路さんもボクの事を実の弟のように思ってくれていると思います。


そんなアニキが今回「試練の五番勝負」と銘打って、


5人の屈強な先輩プロレスラーと試合をする事になりました。


そしてその第一戦の相手は、


アメトーークなどでお馴染みの「ケツオヤジ」越中詩郎選手でした。
http://www.hustlehustle.com/free/fighters/?id=1215789460

越中選手は全日本プロレス、新日本プロレスで活躍し、


以前IWGPジュニアヘビー級王座を保持していた名レスラーです。


そんな強豪越中選手を相手に、


小路さんは気持ちを前面に押し出した素晴らしい試合を見せてくれました。


越中選手のイス攻撃などで流血してしまいましたが、


一歩も引かない意地と意地のぶつかり合いでした。


最後は経験豊富な越中選手に惜しくも敗れてしまいましたが、


未来に繋がる名勝負だったと思います。


総合格闘技の世界では大活躍した小路さんも、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E8%B7%AF%E6%99%83

プロレスの世界ではまだまだ新人の部類に入ります。


小路さんは決して威張らず、陰での努力を惜しまない


「男の中の男」なので、


総合での実績など微塵も出さずに他の新人レスラーと同じように、


一日も早く一人前のプロレスラーになるために一生懸命頑張ってます。


今回の五番勝負は、その努力の成果を見せるいい機会だと思います。


これをきっかけにもっともっとブレイクしてほしいと思います。


皆さんも小路晃選手を応援して下さいね。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
200910081340
| 院長ブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。